お葬式の香典返しのマメ知識

お葬式の香典返しの流れ

お葬式の香典返しの流れ お葬式に参列された方には、後日お礼として香典返しをする風習があります。香典返しは、頂いた金額の半分程度が一つの目安です。参列者の中には、香典に加えてお供え物や線香などを持参してくれる場合があります。その場合は、相応の金額を踏まえてのお返しで問題ありません。一方、千円以下になる低額のお布施を持参してお葬式に出席する方もいます。その際は、手紙やお礼状のみで大丈夫です。香典返しの品物ですが、昔から不祝儀を後に残さない意味を踏まえて、消えてなくなるものが望ましいとされています。定番なものでは日本茶や和菓子などの落ち着いた飲み物、食品があります。洗剤やタオルも消耗品ですからふさわしいものとなります。

香典返しをする時期ですが、四十九日法要後に贈ることがしきたりです。その際には、品物と一緒に忌明けの報告を兼ねた挨拶状を添えることが礼儀です。手書きが望ましいですが、注文する業者によってはフォーマットを印刷して、そのまま送付する形も選択できます。遠方の方に香典返しをする際にはこの方法で構いませんが、近隣の方および親戚付き合いがある方には、直接持参してお葬式のお礼を報告することが望ましくなります。近年では、お葬式当日に当日返しの形をとっているところもあります。値段の相場は2、3千円のものです。参列者の中には、数万円単位の高額な香典を持参される方もいますが、その場合は、四十九日法要後に改めて、半返しかつ当日返しの差額分のものを贈ると良いでしょう。

香典返しの場合、のしの有無が気になるという人もいるでしょうが、一般的には控えめな印象を与えるため、包装紙から見えない内のしで対応します。地域や宗派によっては亡くなられたことは喜ばしいこととのことで、外のしが良い場合があります。書式ですが、仏式の場合は表に志と書き、水引は黒白結びきりの形です。関西や四国などの一部地域は、表書きは満中陰志と書き、黄白結びきりののしで包みます。神式の場合は、表書きは偲び草で、黒白結びきりののしで包みます。キリスト教では、表書きは志または偲び草と記し、水引は黒白にします。表書き下段に名前を書きますが、喪主の名前はもちろん故人の家の苗字だけでも問題ありません。喪主が複数の時は連名の場合もあります。

個人及び会社一同などで生花にてお葬式の挨拶をいただく場合もあります。身内や親族には生花へのお礼は必要ありませんが、会社関係者などには少し金額を上げた形で香典返しをすると良いでしょう。辞退される場合は、無理にしなくても大丈夫です。

トピックス